Tweet
シェア

日時: 2022年1月9日(日)
場所: オンライン開催(Zoom利用)
大会テーマ:教育実践・研究における「成果」を改めて考える
参加費:1000円

   

〇参加をご希望の方12月12日まで

こちらの「参加申込フォーム」に回答して送信してください。

  

〇当日のスケジュール

大会当日のスケジュールができました。こちらをご確認ください。

    

〇発表者の方へ 

発表者におかれましては,こちらを事前にご確認ください。

   

重要日程:
2021年9月6日:発表申し込み・参加申し込み開始
2021年11月15日:発表申し込み締め切り
2021年11月下旬~:ウェブサイトに発表時間帯、発表者・題目一覧、要旨一覧を掲載
2021年12月12日:参加申し込み締め切り
2022年1月9日(日):第6回大会(オンライン開催)

    

    

シンポジウム:教育実践・研究における「成果」を改めて考える

教育分野の研究・実践には,様々な成果があります。いわゆる「論文」や「実践報告」はその代表例ですが,ほかにも,教材を開発したり,指導案を考案したり,一教師としての自己成長を省察したりするなど,多様です。また,自らの研究・実践の成果を論文等ではなくYouTube等で発信している方もいらっしゃいます。それらの多様な成果は,それぞれに違った価値があります。本シンポジウムでは,多様な研究成果に焦点を当て,これからの研究のあり方を考えていきたいと思います。

 

登壇者(敬称略・五十音順)
 話題提供者
  笠原広一(東京学芸大学)
  神野幸隆(香川大学)
  木下博義(広島大学)
  住元俊亮(三原市立木原小学校)
  若尾裕(音楽家)
 指定討論者
  松宮奈賀子(広島大学)
 司会者
  池田吏志 (広島大学)

  

  

  

学会概要
入会のご案内
学会誌
大会
会員ページ
共催・後援
閉じる