本ページは,会員の皆様の活動を相互に紹介し合うことを目的として設けたページです。
掲載されている情報につきましては,本学会が責任をもつものではありません。
掲載されている情報についてご不明な点等がございましたら,それぞれのお知らせの「お問い合わせ先」にご連絡ください。

情報をお寄せくださる方へ
関わっていらっしゃるイベント,ご著書の出版など,会員に広く周知したい情報がありましたら, こちら より情報をお寄せください。
事務局で確認したのち,本ページおよびSEECニュースで紹介させて頂きます (SEECニュースにつきましては,発刊日の関係で,掲載できない場合もございますのでご了承ください)。

会員からのお知らせ一覧

公開日:2022/10/17

投稿日:2022/09/12

会員名:
寺内大輔

所属先:
広島大学

来る11月20日(日)と27日,広島と神奈川で,演奏会「Edge Effect Ensemble Concert vol.2 」が開催されます。寺内大輔の新作「青少年のための集団即興演奏入門」が初演予定です。みなさまぜひお越しください。

Edge Effect Ensemble Concert vol.2
広島公演
日時:2022年11月20日(日)18時30分開演
会場:広島市安芸区民文化センター スタジオ
入場料:一般3000円,学生1500円

神奈川公演
日時:2022年11月27日(日)13時30分開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室
入場料:一般3000円,学生1500円

プログラム:
【素材を用いたインプロヴィゼーション】
・バーバー:Excursion (遠足) No.1
・ショスタコーヴィチ 前奏曲 No.12
【EEEオリジナル】
・小出雅子:せん
・寺内大輔:青少年のための集団即興演奏入門 (世界初演)
【共演】
・フリーインプロヴィゼーション(広島公演ゲスト:寺内大輔,三宅珠穂 (作曲家))
・フリーインプロヴィゼーション (神奈川公演ゲスト:山本裕,船木こころ (ダンサー))

主催
edge.effect.ensemble@gmail.com/ 070-8474-3254 (横川)
Edge Effect Ensemble

開催期間: 2022年11月20日〜2022年11月27日

問い合わせ先 edge.effect.ensemble@gmail.com/ 070-8474-3254 (横川)

公開日:2022/09/21

投稿日:2022/09/21

会員名:
木原 成一郎

所属先:
広島大学

2022年10月1日に『 小学校体育専科教師の授業力量形成に関するライフヒストリー研究:林俊雄と大後戸一樹の授業スタイルの形成と変容』を創文企画から出版しました。
本書は、全国的に数少ない小学校体育専科教師を対象にした授業力量形成に関するライフヒストリー研究の試みです。また
編者の木原は 2023 年 3 月をもって広島大学を定年退職します。林俊雄氏と大後戸一樹氏のお二人と一緒にライフヒストリーを紡ぎだす本書の作業は、研究者としてまた教師教育者として 32 年間楽しく学生や同僚と一緒に働くことのできた自分自身の経験を振り返る機会を編者に与えてくれました。その意味でも林氏と大後戸氏のお二人と広島大学に心より感謝しています。

問い合わせ先 https://soubun-kikaku.co.jp/

公開日:2022/09/16

投稿日:2022/09/16

会員名:
寺内大輔

所属先:
広島大学

来る10月10日(月・祝),広島市東区民文化センターにおきまして,演奏会「近藤圭・加藤和也 3 days concerts  (3日目,《現代作品と即興の距離》)」が開催されます。寺内大輔は,ゲストとして即興演奏に参加いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

日時:2022年10月10日(月・祝)14時30分開演
会場:広島市東区民文化センター スタジオ2
入場料(オンライン購入):1 day チケット ¥3.000/3 days チケット ¥5,000

オンラインチケット購入サイト
https://teket.jp/3490/14502

ご予約・お問い合わせ
tongattekoso.tsunobue.da@gmail.com
wori.iro.musik@gmail.com

プログラム
徳永崇 (1973):虹の触れ方 (2021)。
渡辺俊哉 (1974):あわいの模様 (2022,改訂初演)
即興演奏(ゲスト出演:寺内大輔)

※本コンサートは,10月8日~10日の3日間にわたって開催されます。
寺内大輔が出演するのは10日の公演のみですが,8日《古典から現代作品へ》,9日《ポップスと現代作品の接線》にも興味深いプログラムが用意されています。
詳しくはチラシをご覧ください。

問い合わせ先 tongattekoso.tsunobue.da@gmail.com
wori.iro.musik@gmail.com

公開日:2022/07/21

投稿日:2022/07/21

会員名:
寺内大輔

所属先:
広島大学

「春の祭典」は1913年に発表されたストラヴィンスキーのバレエ音楽ですが、モーリス・ベジャールやピナ・バウシュなど多くの振付家によって取り上げられてきています。当然ながらこういったものは、ほとんどのひとには手に負えない超絶技巧的な方向に走っています。この企画はその正反対の方向で、音楽も自由に作り変えながら誰でも参加できる「春の祭典」をみんなで相談しながら作り、最後に出来上がったところまでを上演することを目指します。ダンス、音楽、舞台衣装、演出など、この制作に興味のある人ならだれでも参加してください。プロ的な制作は目指さないので、無理な練習も行ないません。さぼりながら楽しむ方向を追求したいと思います。

会場:城崎国際アートセンター(KIAC)
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島1062

募集人数: 約15名
(どなたでも参加できます)

参加費:8,500円
参加費は3日間のすべてのプログラム、
食事代(8/27夕食、8/28朝食、昼食)を含む。
※8/26夕食、8/27朝食、昼食は、各自でお済ませください。

※本年度のCMFは城崎国際アートセンターのレジデンスプログラムとして
開催されます。宿泊と活動施設は無料で提供されます。
※部分参加については事務局にお問い合わせください。
※コロナの状況によっては変更が生じる可能性があります。

ファシリテーター
若尾 裕(わかおゆう)
CMF創始者。誰でも自分の表現を発揮できる新しいアートの在り方を模索しています。広島大学名誉教授、神戸大学名誉特任教授。著書に「大人のための新しい音楽の教科書」(サボテン書房)、「サステナブル・ミュージック」(アルテスパブリッシング)他。
撮影協力:林 恭平

開催期間: 2022年8月26日〜2022年8月28日

問い合わせ先 cmfsince1998@gmail.com

公開日:2022/05/23

投稿日:2022/05/22

会員名:
原田大介

『インクルーシブな国語科教育入門』(原田大介、明治図書出版、2022年)の紹介です。
本書は、国語科教育のインクルーシブ化に向けて、ユネスコのインクルーシブ教育をめぐる議論を踏まえて論じたものです。学校現場で行われる「授業」という時間・空間の中でも、授業時数が最も多く割り当てられた教科「国語」に焦点を当て、その可能性と課題を検証しています。
なぜ授業のインクルーシブ化をめざす必要があるのか、教育におけるインクルージョンをどう考えるべきか等、「教育とインクルージョン」をめぐる議論のたたき台になることをめざして本書を作成しました。もとより国語科は、「国」ということばを冠したその名称が示すように、排除(エクスクルージョン)の側面が色濃く内在する教科です。他方で、少なくとも理念上は、話す、聞く、書く、読む、といった児童・生徒の言語行為や思考の多様性を保障する教科でもあります。「伝え合う力」を獲得することや「言葉による見方・考え方」を育成することについては、学習指導要領でも記されています。一つの教科に内在する矛盾や引き裂かれを、私たち教育関係者はどのように受けとめ、変えていくべきなのか。
「国語科教育」はもちろん、「教育とインクルージョン」の分野に関心のある方に、本書をご紹介いたします。お読みいただければ幸いです。

・著者プロフィール
原田大介(はらだ だいすけ)
1977年生まれ。関西学院大学教育学部教授。専門:国語科教育(授業研究、インクルーシブ教育)。単著に『インクルーシブな国語科授業づくり』(明治図書出版、2017年)、共著に『インクルーシブ授業の国際比較研究』(福村出版、2018年)、『よくわかるインクルーシブ教育』(ミネルヴァ書房、2019年)等がある。

公開日:2022/05/01

投稿日:2022/05/01

会員名:
権藤 敦子

所属先:
広島大学

『ブータンの遊び歌 ツァンモの研究―21.5世紀音楽教育への序章―』(伊野義博・黒田清子と共編著)日本・ブータン民俗音楽研究会,2022.3,549p. ISBN:978-4-9912450-0-8

公開日:2022/04/18

投稿日:2022/04/18

会員名:
朝倉 淳

広島県NIE(教育に新聞を)推進協議会は、次のとおり第100回広島県NIE記念学習会を開催します。どうぞご参会ください。当日参加も可能です。
日時:5月8日(日)13時30分~16時30分
会場:中国新聞社7階ホール
テーマ:広島発・新時代の学びとNIEの未来
内容:記念講演、子どもNIE実践発表、シンポジウム(本当に必要な情報活用力を育てる―デジタル・オンライン時代のNIEの意義と可能性)
参加:無料 事前申込(当日参加可)
詳しくはWEB、ポスターでご確認ください。

公開日:2022/04/18

投稿日:2022/04/11

会員名:
寺内大輔

所属先:
広島大学

来る5月4日,広島市東区民文化センターにて,「壁のない無限教室コンサート in 広島」が開催されます。
アンサンブル・ノマド音楽監督の佐藤紀雄企画によるコンサートです。コンサートは三部構成で行われ、第一部はギターアンサンブルでクラシックから現代作品までが取り入れられます。第二部と三部では、他の楽器が加わって様々な組み合わせの異種アンサンブルを行います。

第三部では,寺内大輔の2006年の作品「桜」が取り上げられます(寺内は演奏にも参加)。同作に用いられる奇妙な譜面台「スコア・スクローラー」は,寺内によって開発・制作され,2006年にオランダ国立美術館のイベントで発表されたものです。みなさまぜひご来場ください。

日時:2022年5月4日(水・祝)
開場:15時00分,開演:15時30分
場所:広島市東区民文化センター スタジオ1
入場料:一般3000円 学生2000円(全席自由・定員90名)
主催:壁のない無限教室コンサート実行委員会
ご予約・09020084738  yfguitar2@gmail.com(事務局)

出演者
ギター:佐藤紀雄、上垣内寿光、山田岳、大坪純平、土橋庸人、藤井康生,ピアノ:伊藤憲孝、𠮷川絢子,マンドリン:佐古季暢子,箏:木原朋子,ソプラノ:小林良子、中川詩歩,フルート:目良直子,サクソフォン:加藤和也,作曲:徳永崇、川上統、寺内大輔、磯部俊哉,スタッフ:山田修二

開催期間: 2022年5月4日〜2022年5月4日

問い合わせ先 yfguitar2アットマークgmail.com(事務局)

公開日:2022/02/26

投稿日:2022/02/26

会員名:
寺内大輔

所属先:
広島大学

来る3月26日,サクソフォン奏者の加藤和也さんのコンサート「加藤和也 サクソフォンコンサート weaved acoustics 音を編む」が東広島芸術文化ホールで開催されます。
プログラムには,拙作《王の主題》(2008年作品)も取り上げて頂いています。この作品は,フリードリヒ2世(フリードリヒ大王)がJ. S. バッハの即興演奏のために与えたといわれるテーマ(バッハは後に,このテーマで『音楽の捧げもの』を作曲した)をモティーフとしています。
プログラムでは,全6曲,個性豊かな作品が揃っています。ぜひご堪能ください。

お問い合わせ先:織色(代表 加藤和也,090-7546-6332,wori.iro.musik@gmail.com)

公開日:2022/02/09

投稿日:2022/02/05

会員名:
寺内大輔

所属先:
広島大学

来る3月26日,広島大学大学院人間社会科学研究科設立記念セミナー「広島大学教職大学院の成果と展望―アクションリサーチの継承と飛躍」が開催されます。

広島大学教職大学院は設置から6年が経とうとしております。本セミナーを通して、多くの方に広島大学教職大学院の成果を知っていただき、展望について考えたいと思います。奮ってご参加ください。

Zoomによる開催,参加費無料となっております。

問い合わせ先 伊藤(kitou@hiroshima-u.ac.jp)

学会概要
入会のご案内
学会誌
大会
会員ページ
共催・後援
閉じる